ホーム     新着情報     お知らせ     ニュース     政策・主張     地区・議員紹介

片岡 ただし

洲本市会議員

近藤 あきふみ

洲本市会議員

まもり 和生

洲本市会議員
ブログ

かまづか 聡

淡路市会議員
ブログ

えびす 智彦

南あわじ市会議員

吉田 よし子

南あわじ市会議員

 

こむら 潤

尼崎市議
衆議院近畿比例

福原 ゆかり

兵庫9区国政対策委員長

   リンク
      
基本料金3カ月免除を表明。淡路広域水道企業団への申し入れで   (2020/05/14)
平山邦雄事務局長に申し入れを手渡す、日本共産党淡路地区委員会と党議員団
 日本共産党淡路地区委員会と同淡路地区議員団は12日、淡路広域水道企業団の竹内通弘企業長(洲本市長)に対して、水道料金の引き下げを求める申し入れを行いました。
 申し入れに対し、淡路広域水道企業団からは平山邦雄事務局長、西畠和孝総務課長が対応し、水道料金の基本料金を6月から8月の請求分について免除すると述べました。
 洲本市、淡路市、南あわじ市の議員は「基本料金を3カ月だけでなくさらに延長してほしい」「県下でも2番目に高い水道料金。せめて県平均の料金に引き下げてほしい」「水道料金の福祉減免が3月から打ち切られ、困っている。復活してほしい」などと訴えました。
 兵庫県は1日、新型コロナ感染症対策として、地域経済や家計への負担軽減のために県営水道の料金免除を発表し、県下各地で水道料金の減免が進められています。...(詳細)

淡路県民局へ、新型コロナウイルス感染症対策で緊急申し入れ   (2020/05/01)
亀井浩之県民局長(右から4人目)に申し入れを行う、日本共産党淡路地区委員会と地区議員団
 日本共産党淡路地区委員会と同淡路地区議員団は4月30日、井戸敏三県知事と亀井浩之県民局長に、新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急の申し入れを行いました。
 申し入れ項目は次のとおり。@医療機関、介護福祉施設、障がい者施設へのマスク、消毒液などの不足については、政府に供給の要請を急ぐとともに、県として独自に確保し配布を行うこと。A淡路医療センターに、新型コロナウイルス感染症患者対応の施設と人員の拡充を行うとともに、「発熱外来」を設けて対応すること。BPCR検査センターを作り、多くの検査ができるようにすること。C陽性者の病床確保、軽症者・無症状者を隔離するホテルなど宿泊施設の検討を急ぐこと。加えて、陽性者の家族など濃厚接触者へのPCR検査を早急かつ継続的に行い感染拡大を防ぐこと。D医療施設、介護・障がい者施設、保育・福祉施設等の減収に対する補償を行うこと。E自粛要請に伴った観光・飲食業への支援策を講じるとともに、中小・小規模事業者などへの資金繰りは、必要に見合った県の独自制度の拡充をすること。F価格低下に伴う農畜産業、漁業への補償を緊急に進めること。G雇用調整助成金の手続きの簡素化、素早い活用の手立てが取れるよう対応すること。H「帰国者・接触者相談センター」(洲本健康福祉事務所)については人員補強を進め、相談体制を強化すること。I島民の負担の軽減のため、県下でも高い水道料金の引き下げに取り組むこと。J国民健康保険税、後期高齢者医療費などの引き下げ、滞納者への医療提供など県として独自の対策を行うこと。K感染症の実態や、国や県の独自施策など、3市と連携して市民に正確な情報を知らせること。
 亀井県民局長は、予算を組み他県と比べても助成に取り組んでいることや、PCR検査について必要な検査を行うこと、「淡路医療センター」に病床を15床を確保していること、軽症・無症状者へ300から700へ宿泊施設を確保すること、風評被害を防ぎながら情報を発信していくことなど回答しました。...(詳細)

洲本市議団が竹内市長に、新型コロナ対策で申し入れ   (2020/04/20)
竹内市長に申し入れる党洲本市議団
 洲本市議会日本共産党議員団(片岡格、近藤昭文、間森和生)は20日、新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急申し入れを、竹内通弘洲本市長に行いました。
 党議員団は市民の命と暮らしを守るために、@マスク、消毒アルコールなどの感染予防必需品を、医療機関や福祉施設などにいきわたるようにすること、A指定管理施設や業務委託施設は、減免措置や委託料の軽減を図ること、従業員の解雇防止、所得確保について支援を行うこと、B雇止めや失業した市民へ、市として臨時に雇用を行うこと、C観光・飲食業のテイクアウトやデリバリーの推進を支援すること、D農業・畜産業・漁業者に対し影響調査をし、消費促進のための施策を行うこと、E休校措置による給食食材納入業者への補償を行うこと、児童扶養手当の上乗せ支給を行うこと、F国民健康保険税や介護保険料などの減免措置を行うこと、G必要な財源は、財政調整基金や「ふるさと洲本もっともっと応援基金」などを有効に活用すること、H国の補正予算が速やかに執行できるよう万全の態勢を講じること、I市民への情報提供を図るため、ワンストップで対応できる窓口を設置すること、などを求めました。
 竹内市長ら市幹部からは、医療センターや保健所などと連携をとり感染拡大を防止することや、施設委託料の軽減や臨時職員の採用について協議すること、観光・飲食業界への支援を約束し、農漁業と畜産業者へはふるさと納税の返礼品含め従来通りの買取りをすること、国保税や介護保険料の減免は準備できしだい進めることなどの回答がありました。...(詳細)


日本共産党淡路地区委員会
〒656-0012  兵庫県洲本市宇山3-4-16  TEL(0799)24-2380 FAX(0799)24-5797  E-mail:ystakata@silver.plala.or.jp