ホーム     新着情報     お知らせ     ニュース     政策・主張     地区・議員紹介

片岡 ただし

洲本市会議員

近藤 あきふみ

洲本市会議員

まもり 和生

洲本市会議員
ブログ

かまづか 聡

淡路市会議員
ブログ

えびす 智彦

南あわじ市会議員

吉田 よし子

南あわじ市会議員

 

こむら 潤

尼崎市議
衆議院近畿比例

福原 ゆかり

兵庫9区国政対策委員長

   リンク
      
福原ゆかり・党兵庫9区国政対策委員長、洲本市で訴え   (2020/10/21)
福原ゆかり・党9区国政対策委員長(左)、まもり和生市議
 福原ゆかり・党兵庫9区国政対策委員長は19日、洲本市で宣伝に取り組みました。
 片岡ただし、近藤あきふみ、まもり和生市議とともに訴えた福原氏は、菅首相が学術会議推薦の会員候補6人の任命を拒否した問題で、学術会議法に違反するとともに、首相が拒否した理由を示さず「名簿を見ていなかった」と述べた問題、官房副長官の関与など、徹底解明が必要だと述べました。
 福原氏は菅内閣は「安倍政権より強権的」だとして、コロナ禍で「自助」を強いる中63000人が雇止めになっていることを告発し、「自助」では命を守れないと述べ、命とくらし優先の政治実現に向け、野党共闘で新しい政治をつくるため「7つの提案」を掲げた日本共産党の躍進を訴えました。...(詳細)

大門みきし参院議員を迎え国政報告会   (2020/09/26)
大門みきし参議院議員が講演
 大門みきし参院議員を迎えた日本共産党国政報告会が26日、洲本市文化体育館で行われ、感染症対策をおこなう中で、会場いっぱいの人が集まりました。
 福原ゆかり・党兵庫9区国政対策委員長は、菅内閣は「自分のことは自分で」というが、「自助」にも限界があると語り、明日の希望が持てない政治から、命とくらし優先の政治への転換を訴えました。
 大門みきし参院議員は「すべては総選挙にむかっている。年内に総選挙がある可能性が最も高い」と語り、菅内閣の特徴として、@改憲を狙っていること、A経済格差を広げる政策を引き継いでいること、B政治を私物化してきたこと、を具体的にあげました。
 大門議員は、野党の中からも共産党が共闘のかなめであるという声が出ていることを紹介し、総選挙勝利のためには共産党を大きくしていかなくてはならないと述べ、参加者に支援を呼びかけました。...(詳細)

第98回淡路地区党会議開催   (2020/07/26)
 第98回淡路地区党会議が26日開かれ、第98回期の淡路地区総合計画を決定し、「総合計画」実践の先頭に立つ新しい地区委員会の選出を行いました。その後、第1回地区委員会総会が開かれ、大山善民氏が新地区委員長に選出されました。

...(詳細)


日本共産党淡路地区委員会
〒656-0012  兵庫県洲本市宇山3-4-16  TEL(0799)24-2380 FAX(0799)24-5797  E-mail:ystakata@silver.plala.or.jp