日本共産党 広島県議会議員

辻つねお

憲法を暮らしの隅々に

しんぶん赤旗
購読申し込み

メール

お問い合わせ リンク集 サイト内検索

辻つねお

home 日記 県議会 調査・活動 政策 住民訴訟 一言 辻つねお
  2021/07/28 2021/09/14 2007/12/21 2012/07/24 2006/11/16 2016/02/05
 
 
 

韓国人原爆犠牲者慰霊祭に参加

2020/08/06

左端が辻議員
 広島への原爆投下から75年を前に「第51回韓国人原爆犠牲者慰霊祭」が5日、広島市の平和記念公園内の碑前で営まれました。在日本大韓民国民団広島県地方本部の主催。
 日本共産党からは大平喜信中央委員、辻恒雄県議、中原洋美、中森辰一、近松里子、藤井敏子、吉瀬康平の各市議が出席しました。
 この1年間に亡くなった13人を追加して2773人となった死没者名簿(過去帳)を奉納しました。
 李英俊(イ・ヨンジュン)団長は「祖国を離れ、異国の地広島で犠牲となった原爆犠牲者、原爆被爆者の悔しさや悲しみが二度と起こらぬよう、核兵器の恐ろしさと正しい歴史を伝え、世界平和のため努力します」とあいさつしました。
 在日本大韓民国民団中央本部の呂健二(ヨ・ゴニ)団長、駐広島大韓民国総領事館の金宣杓(キム・ソンビョ)総領事が追悼の言葉をのべた後、参列者が献花しました。
 韓国原爆被害者対策特別委員会の李鐘根(イ・ジョングン)委員長(91)は「被爆者は年々減っている。核兵器は絶対あってはならない」と語りました。

 

ページトップへ