日本共産党 広島県議会議員

辻つねお

憲法を暮らしの隅々に

しんぶん赤旗
購読申し込み

メール

お問い合わせ リンク集 サイト内検索

辻つねお

home 日記 県議会 調査・活動 政策 住民訴訟 一言 辻つねお
  2021/07/28 2021/09/14 2007/12/21 2012/07/24 2006/11/16 2016/02/05
 
 
 

7月大雨被害の要望 (7月14日)

2021/07/28

大雨被害の要望書提出=7月14日
 日本共産党広島県委員会は7月14日、7日から降り続いた大雨被害に関する緊急要望書を湯ア英彦知事に提出しました。要請には大平よしのぶ島前衆院議員・衆院中国ブロック比例候補、辻恒雄県議、谷晴美東広島市議が参加。大平、辻、谷各氏、竹原の松本進、三原の寺田元子両市議による連名の要望書を出しました。

 県では7日から12日までの大雨で、堤防の決壊による河川氾濫や道路の崩壊、床上床下浸水合わせて560棟余りの住家被害が明らかになっています。

 大平氏は9日に三原市の天井川、東広島市の黒瀬川や三津大川の被災地、日には竹原市の本川や西ノ川の被災地を地元市議とともに現地調査。被災者や役場の要望を聞き、三市の要望を8項目にまとめて要望しました。

 大平氏は「命と財産を守る公共事業を何よりも優先し急いでほしい。知事に被害の大きかった自治体を災害救助法の適用とするよう求めたい」と発言しました。
 谷市議は「安芸津町の三津大川は3年前と同じ護岸と道路が激しく陥没。河口を抜本的に広げるべきだ」と求めました。辻県議は「復旧を急ぎ、災害から県民の安全を確保してほしい」と重ねて求めました。

 
 

全学生に緊急給付金を 民青県委員会と辻議員 県に要請 (6月16日)

2021/07/08

日本民主青年同盟広島県委員会は6月16日、広島県に新型コロナウイルスの影響で困難を強いられている県内全ての学生に緊急の給付金を支給することや対面授業の再開、高すぎる大学の授業料の半減などを要望しました。日本共産党の大平よしのぶ前衆院議員・衆院中国ブロック比例候補、辻恒雄県議らが同席しました。

 民青の小丸涼県委員長は経済面や授業関連に不安・不満を感じている学生が多いと強調し、「収入が減った」「シフトが減った」「オンライン授業が多く、モチベーションが下がる」など、この間の食料支援での実態アンケート(回答247人)に寄せられた生の声を紹介。食料支援活動や生理用品の無償配布、PCR検査の拡充なども求めました。

 応対した高等教育担当の徳田裕貴課長は「様々な機会で給付奨学金、利子負担軽減など学生支援策の拡充を国に求めている。引き続き状況を見ながら、できるだけの対応をしていきたい」と答えました。

 大平氏は学生らへのワクチン接種や食料支援の具体化などを重ねて要請し、「学生の命と健康、学ぶ権利がますます脅かされている。一刻を争って手立てをとっていただきたい」と求めました。

 
 

風力発電予定地の現地調査 災害誘発を懸念 (5月26日)

2021/07/08

日本共産党の大平よしのぶ前衆院議員・衆院中国ブロック比例候補は26日、西中国山地で国内最大級の風力発電の建設が計画されている現場を視察しました。辻恒雄県議、藤井敏子広島市議、大畑美紀廿日市市議らが同行しました。

 建設は広島市佐伯区湯来町、廿日市市吉和、安芸太田町にまたがるもので、電源開発(Jパワー、東京)が事業主体の「広島西ウインドファーム事業(仮称)」として計画したもの。事業対象区域2700fを伐採し、高さ150mの風車を36基設置する予定地では、風車の重みや振動による斜面崩壊の誘因、クマタカなどの生態系への影響など多くの問題が懸念されています。

 この日は、「中国山地の風力発電建設を悲憤する会」の牧野一見顧問の案内で、建設予定地の山並みを視察。牧野氏は「急傾斜の山に作業道や鉄塔を作ると土砂災害の危険が増え、自然景観や動植物の環境を壊してしまう」と説明しました。

 視察後、建設予定地域に隣接する善福寺(佐伯区湯来町)を訪問し、前住職で同会の水原史雄会長、現住職の水原真衣氏と懇談。
水原会長氏は「建設予定地は土砂災害特別警戒区域も多くあり無謀な計画だ。事業主は原発も運営しており、こんな人たちに任せられない」と話しました。大平氏は「問題だらけの計画で撤回しかない。情報を発信し運動が広がるよう私たちも奮闘します」と応じました。

 
 

コンパス高校入試問題で申入れ(5月31日)

2021/06/18

今年3月に行われた広島県の公立高校一般入試(選抜U)を受験した複数の生徒が「コンパスを机の上に置いていた行為は不正に当たる」として受験が無効になっていた問題で、日本共産党の辻恒雄県議は5月31日、平川理恵教育長に申し入れ書を提出しました。高校教育指導課の竹志幸洋課長が応対しました。
 申し入れ書では、受験要項の「携行品」にコンパスが含まれていないとしつつ、「全く故意ではなく、こうした不要物を机上に出しておれば、試験監督官が事前に指導し片付けさせれば済むこと。コンパス一つで将来を変えさせるのはあまりにも冷酷だ」と訴えています。
 県教委がこの後、県内の23市町教委に対し、持ち込みなどの入試時のルールの指導を徹底するよう要請した一方、該当生徒には何の対応もないことを批判。「個人の尊厳や多様性からかけ離れた画一的で厳罰的な指導は、子どもの人権を脅かし、成長・発達の障害となる」とのべ、該当の生徒に対して、正式に謝罪することなど3項目を求めています。
 辻氏は「受験無効となった生徒の気持ちに寄り添うことが大切だ」と重ねて要求。竹志課長は「持ち帰って整理させていただく」と答えました。

 
 

韓国人原爆犠牲者慰霊祭に参加

2020/08/06

左端が辻議員
 広島への原爆投下から75年を前に「第51回韓国人原爆犠牲者慰霊祭」が5日、広島市の平和記念公園内の碑前で営まれました。在日本大韓民国民団広島県地方本部の主催。
 日本共産党からは大平喜信中央委員、辻恒雄県議、中原洋美、中森辰一、近松里子、藤井敏子、吉瀬康平の各市議が出席しました。
 この1年間に亡くなった13人を追加して2773人となった死没者名簿(過去帳)を奉納しました。
 李英俊(イ・ヨンジュン)団長は「祖国を離れ、異国の地広島で犠牲となった原爆犠牲者、原爆被爆者の悔しさや悲しみが二度と起こらぬよう、核兵器の恐ろしさと正しい歴史を伝え、世界平和のため努力します」とあいさつしました。
 在日本大韓民国民団中央本部の呂健二(ヨ・ゴニ)団長、駐広島大韓民国総領事館の金宣杓(キム・ソンビョ)総領事が追悼の言葉をのべた後、参列者が献花しました。
 韓国原爆被害者対策特別委員会の李鐘根(イ・ジョングン)委員長(91)は「被爆者は年々減っている。核兵器は絶対あってはならない」と語りました。

 

ページトップへ 次ページ