日本共産党 広島県議会議員

辻つねお

憲法を暮らしの隅々に

しんぶん赤旗
購読申し込み

メール

お問い合わせ リンク集 サイト内検索

辻つねお

home 日記 県議会 調査・活動 政策 住民訴訟 一言 辻つねお
  2018/06/14 2018/05/23 2007/12/21 2012/07/24 2006/11/16 2016/02/05
 
 
 

日本共産党が福山市で演説会

2018/06/14

 6月10日(日)16時から、福山市駅前で、日本共産党演説会が開かれ、辻議員、大平よしのぶ前衆院議員、高見あつみ参院広島選挙区候補が訴えました。

 
 

広島市から県議誕生を、広島市安佐南区でつどい

2018/05/28

報告する辻議員(正面の立っている人)、その右は藤井議員、左は嵜委員長=26日、広島市安佐南区
 日本共産党広島市西地区委員会(嵜隆秀委員長)は26日、広島市安佐南区で「県政を学ぶ集い」を開き、42人が参加しました。来春のいっせい地方選で県議7期目に挑む辻つねお議員が報告、同じく市議4期目に挑む藤井とし子議員が司会を務めました。
 県議選で日本共産党は、政令市広島で空白を克服して現有1議席から複数議席をめざします。嵜委員長は「来年の参院選で850万票、15%を達成して仁比聡平議員を当選させ、広島市から県議を誕生させるよう頑張りたい」とあいさつしました。

土砂災害対策強化のためにも広島市から県議を

 辻議員は、広島市北部で77人が犠牲になった2014年8月20日の土石流災害を振り返り、「土砂災害危険個所数が3万2千と全国最多の広島県で、私が当時、『すべて整備するのに何年かかるか』と質問したら333年と答え、砂防予算が若干増えた。そして先日、県議会で同じ質問をしたら200年と答弁した。広島市から県議が出せていれば、もっと前進できただろう」と指摘。藤井議員は「団地造成の盛り土の危険個所は多額の工事費がかかって地元だけでは無理なので、国がしっかり助成するよう要望している」と報告しました。

 
 

福山建設事務所 国道313号線などの歩道整備を要望

2018/05/25

 辻つねお議員は5月22日、県福山建設事務所で、国道313号線などの歩道整備について、地域のみなさんと要望書を提出しました。
 要望はシニアカーで自宅から病院に通院している方からです。整備をもとめた国道沿いの歩道は段差やデコボコ、傾斜がありシニアカーでは転倒する危険がり改善を求めました。

 
 

防衛局に、米軍の訓練中止を要請

2018/05/23

 辻つねお議員、日本共産党広島県委員会は11日、中四国防衛局を訪れ、空母艦載機による地上模擬着艦訓練(FCLP)や事前集中訓練、着艦資格取得訓練(CQ)を10日から13日の間に米軍岩国基地で行う場合があると山口県と岩国市に伝えた中四国防衛局に対し、訓練中止を米政府に要請するよう求めました。
 大平喜信前衆院議員、高見あつみ参院選挙区候補、広島市、北広島町の議員も参加しました。

 
 

岩国基地、航空母艦のFCLPは中止せよ、申し入れ

2018/05/22

辻議員は5月8日、日本共産党広島県委員会、大平喜信前衆院議員らと県庁で、米軍岩国基地に移駐した空母艦載機が同基地で地上模擬着艦訓練(FCLP)を行わないよう日本政府に申し入れることを求めました。

 

ページトップへ 次ページ