日本共産党 広島県議会議員

辻つねお

憲法を暮らしの隅々に

しんぶん赤旗
購読申し込み

メール

お問い合わせ リンク集 サイト内検索

辻つねお

home 日記 県議会 調査・活動 政策 住民訴訟 一言 辻つねお
  2016/12/14 2017/09/27 2007/12/21 2012/07/24 2006/11/16 2016/02/05
 
 
 

ゆきとどいた教育を求める請願が提出、辻議員が紹介議員に

2016/12/14

「広島県ゆきとどいた教育をすすめる会」(尾野展昭会長)は12月8日、広島県議会の宇田伸議長に二つの請願署名を提出しました。二つは学費の公私間格差をなくすことなどを求める30121人分と、35人以下学級の前進などを求める8381人分。尾野会長ら10人が議長室を訪れ、日本共産党の辻つねお議員が同席しました。
 参加者からは「娘は友達から経済的理由で学校をやめることになった、と聞きショックを受けている。高校だけはどの子も卒業させてあげたい」(私立高校の保護者)、「非正規教員が多いのは子どものためにも良くない。私立の経営安定には県の補助がもっと必要」(私立校の教員)、「いじめ問題の対策など多忙化している。教員増加の願いは切実」(公立校の教員)などと発言しました。
宇田議長は「『子どもの政策が最優先』、をみんなの合意にすることが必要だ」と答えました。

 

ページトップへ