日本共産党 広島県議会議員

辻つねお

憲法を暮らしの隅々に

しんぶん赤旗
購読申し込み

メール

お問い合わせ リンク集 サイト内検索

辻つねお

home 日記 県議会 調査・活動 政策 住民訴訟 一言 辻つねお
  2018/11/21 2018/12/17 2007/12/21 2012/07/24 2006/11/16 2016/02/05
 
 
 

国保の公費負担増を求める (12月5日、広島県議会生活福祉保健委員会)

2018/12/07

日本共産党の辻つねお議員は12月5日、広島県議会生活福祉保健委員会で、国に対して国保の公費負担増を求めるとともに、県も負担軽減を図るよう求めました。
 辻議員は、「福山市で年収400万円で30代夫婦、子ども二人の場合、国保料と協会けんぽ保険料はそれぞれいくらか」と質問、佐々木真哉国民健康保険課長は「国保は40万6993円、協会けんぽは20万4000円」と回答。昨年度の県の滞納世帯数と差し押さえ数を質問した辻議員に、同課長は「5万8451世帯の滞納で割合は15%。差し押さえは6456件で23億6090万円」と答えました。
 辻議員は「国保料は協会けんぽのほぼ2倍と高額で、滞納世帯が約6万件、差し押さえ額も23億円と非常に多い」「病院に行けない事態もあり、国保加入者の生活をおびやかしている」と指摘しました。
 辻議員は、2014年に全国知事会が「国保税を協会けんぽ並みに引き下げるために1兆円の公費投入を」と政府要望していることを紹介。広島県も国に対して国保の公費負担増を求めるとともに、県も一般会計から繰り入れて国保料の負担軽減を図るよう求めました。同課長は「一般会計からの繰り入れは、法的には禁止されていないが、制度上想定されていない」と答弁しました。

 

ページトップへ