日本共産党 広島県議会議員

辻つねお

憲法を暮らしの隅々に

しんぶん赤旗
購読申し込み

メール

お問い合わせ リンク集 サイト内検索

辻つねお

home 日記 県議会 調査・活動 政策 住民訴訟 一言 辻つねお
  2021/07/28 2021/09/14 2007/12/21 2012/07/24 2006/11/16 2016/02/05
 
 
 

県北西部の風力発電計画について質問 (生活福祉保健委員会 7月2日)

2021/07/02

広島県議会生活福祉保健委員会で7月2日、日本共産党の辻恒雄議員は、国内最大級の県北西部の風力発電計画について質問しました。

風力発電計画は広島市佐伯区、廿日市市、安芸太田町にまたがるもので、電源開発(Jパワー、東京)が事業主体の「広島西ウインドファーム事業(仮称)」。2700fを伐採し、高さ150mの風車を36基建てる計画で、振動や機材の重みによる土砂崩れの誘因、クマタカなどの生態系への影響など多くの問題が懸念されています。

辻議員は5月26日の現地調査をもとに、「計画地一帯は急傾斜地で災害の危険が高い。県の認識はどうか」と質問。環境保全課長の岡田誠司氏は「土砂災害への懸念は知事も計画段階意見として述べており、今後も同じ立場だ」と答えました。

辻議員の「同地は温泉やスキー場も多数ある観光地であり、地域振興への影響をどう考えているか」との質問に、同課長は「環境アセスメントで人と自然との触れ合いの強化の項目がある。懸念があれば、要因を回避・低減するよう求める」と答えました。

辻議員は「環境影響評価方法書の意見にはっきりと書くように」と要求しました。

その他に、新型コロナ対策としてワクチンと同時にPCR検査を重視すること、指定管理者のフォレストヒルズガーデンは県民に親しみやすい施設に改善すること、三原赤十字病院と三菱三原病院の統廃合について取り上げました。

午後の「動物愛護計画」の集中審査では、動物愛護教育の充実と動物愛護推進員の育成を要求しました。

 

ページトップへ